トップページ > 投資家の方へ > 事業紹介

投資家の方へ

事業紹介

ホールセール事業

ウエディングドレス、タキシード、ブライダルインナー等の企画・製造・卸売
貸衣裳店向けの婚礼衣裳レンタル
婚活事業

業績

当期におけるホールセール事業部門の売上高は、3,569百万円(前期比5.1%減)でした。製・商品売上高は、受注高減少の影響により引き続き苦戦し、2,539百万円(同8.3%減)となりました。一方、貸衣裳店向けのレンタル収入等は堅調で、1,029百万円(同3.8%増)となりました。次期においても、製・商品の受注に関しては厳しい状況が続くことが予測されることから、部門売上高は減収を見込み、3,270百万円(当期比8.4%減)を計画いたしております。

主な動き

‌吉川ひなのさんプロデュースの新ブランド「alohina moe(アロヒナ モエ)」を発表(15年10月)*

‌中国・青島市のショッピングセンター「青島ライオンモール」に子供ドレスの販売店舗を出店(16年5月)

‌「M / mika ninagawa(エム/ミカ ニナガワ)」とのコラボレーション第4弾において、新たに和装が登場、新作ドレスの4thコレクションと同時発表(16年7月) *「alohina moe」はワタベウェディング株式会社との共同開発商品です。

※従来、写真事業をホールセール事業部門に区分しておりましたが、その事業内容や販売形態等を考慮した結果、第39期よりショップ事業部門に区分を変更いたしております。この変更に伴い、本報告書では第37期(2013年8月期)に遡って変更後の区分に組み替えた事業部門別売上高を記載しております。
ホールセール事業の売上高


ショップ事業

直営ドレスショップ(オープンショップ)及び提携結婚式場のコスチュームサロン(インショップ)の運営

国内外リゾート挙式のプロデュース及び販売
写真事業、美容事業

業績

当期におけるショップ事業部門の売上高は、6,505百万円(前期比2.0%増)でした。衣裳等取扱収入は、前期に開業したインショップ7店舗の新規店効果や、写真事業が順調に推移したこと、また美容事業の受託を開始したことから増加し、4,000百万円(同8.4%増)となりました。リゾート挙式売上高は、国内外ともに取扱件数・取扱高が減少した結果、2,504百万円(同6.7%減)となりました。次期においても、既存店舗における取扱件数及びリゾート挙式の受注については厳しい状況が予測されますが、美容事業の通期寄与による増収と、写真事業、美容事業の業務提携強化による売上拡大を図り、部門売上高は6,660百万円(当期比2.4%増)を計画いたしております。

主な動き

「アルカンシエル金沢衣裳室」等、新規インショップ3店舗を開業(15年12月~16年4月)
グアムに新チャペル「アモール・イン・ザ・スカイ」がグランドオープン(16年1月)
グループ直営式場及び業務提携式場等におけるブライダル美容の受託を開始(16年1月)
「銀座クチュールナオコ 仙台店」を移転オープン(16年4月)

ショップ事業の売上高


式場事業

結婚式場「アイネス ヴィラノッツェ」及び「ル・センティフォーリア」の運営

業績

当期における式場事業部門は、2015年9月に新式場「ル・センティフォーリア 大阪」が開業し、通期寄与したことにより、年間施行組数は1,325組(前期比219組増)、売上高は2,945百万円(同31.3%増)となりました。一方、受注状況では、既存の5式場、新式場ともに伸び悩み、1,229組(同35組減)となりました。次期においては、広告宣伝の強化による来館数の増加と受注獲得率の向上を図り、年間施行組数1,370組(当期比45組増)、売上高3,050百万円(同3.5%増)を計画いたしております。

主な動き

‌ 新式場「ル・センティフォーリア 大阪」(大阪市北区)がグランドオープン(15年9月)

‌ ショップ事業における美容事業の開始により、直営式場における美容事業の内製化が実現(16年1月)

式場事業の売上高


事業別売上高構成比

事業別売上高構成比

このページのトップへ